乳幼児健診について

Infant Diagnosis

生まれてから1年間で体は急激に成長。
時には普通でないこともあるかもしれません。

子どもの大きな特徴は成長と発達です。産声を上げてから1年間で体重は約3倍になりますし、一人で歩くことも出来るようになりますし、バイバイなどの簡単な意思表示も出来るようになってきます。
人の一生のうちでこれほど急激な変化を経験する時期は他にはありません。殆どの赤ちゃんはこの時期を正常に通過していきますが、一人一人多少違います。そして、時には残念ながら普通でないこともあります。
これらのことを見落とさないようにちゃんと評価するのが乳幼児健診です。しかも、小児科医がその役割をになってます。

電話で質問・予約をする